本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.011-211-1915

(受付時間:平日 9:00〜18:00)

有限会社フラムコーポレーションの破産手続について


1 破産手続の開始


「顔や 肌一流」の商号でエステ店を経営していた有限会社フラムコーポレーション(以下「破産会社」といいます。)は、平成30年7月11日、札幌地方裁判所より破産手続開始決定を受け、当事務所の土屋俊介弁護士が破産会社の破産管財人に選任されました。

2 破産手続の流れ

破産手続が開始すると、裁判所から選任された破産管財人は、破産会社が破産した経緯や破産会社の資産及び負債の状況を調査します。
そして、換価可能な資産を現金化するとともに、債権調査手続等を経て負債額を確定し、破産法の定める順位に従って回収した資産を債権者に分配します。具体的には、「財団債権」を有する債権者に対する弁済をまず行い、余剰資金があれば次に「優先的破産債権」を有する債権者に対する配当を行います。それでもなお余剰資金があれば次に「一般破産債権」を有する債権者に対する配当を行います。
もっとも、財源がなければ支払いを行うことはできませんので、破産会社の資産が乏しい場合には、財団債権者に対する弁済や破産債権者に対する配当が一切行われないまま、破産手続が終了することもあります。
本件においては、破産債権者に対する配当を行う財源が確保できなかったため、配当を行わずに破産手続は終了しました

3 本件破産手続の経過及び今後の見込みについて

(1) 第1回債権者集会の開催
債権者名簿に記載されている債権者の皆様には既に書面でご案内があったかと思いますが、第1回債権者集会が平成30年10月5日(金)に札幌地方裁判所で開催されました。
上記債権者集会の場では、破産管財人が管財業務の経過及び今後の破産手続の見込み等を報告いたしました。

(2) 第2回債権者集会の開催
第2回債権者集会は、平成31年1月23日(水)の午後2時から札幌地方裁判所別館2階債権者集会場
で開催され、破産管財人が管財業務の経過及び今後の破産手続の見込み等を報告いたしました。

(3) 第3回債権者集会の開催
第2回債権者集会は、平成31年4月24日(水)の午前10時30分から札幌地方裁判所別館2階債権者集会場で開催され、破産財団をもって破産手続費用を支弁することができない状況であるため、本件破産手続の廃止決定がなされました。これにより、本件破産手続は終了いたしました。

(4) 配当手続について
破産管財人が回収した破産会社の財産では財団債権の弁済を行うのに不足する状態にあったため、一般破産債権者の皆様に対する配当は行われませんでした。


4 よく寄せられるお問い合わせについて

(1) 破産会社の債権者なのに何の通知も来ていない
現時点でお手許に破産手続開始通知書が届いていない場合には、債権者名簿の記載から漏れている可能性が高いと考えられます。債権者として本件破産手続の資料の送付を希望される場合には、破産管財人宛に、債権者集会資料の送付希望の旨を書面(郵送またはファクシミリ)でお送りください。上記書面には、必ず@お名前(契約時の氏名と現在の氏名が異なる場合には双方を併記してください。)、Aご住所(契約時の住所と現住所とが異なる場合には双方を併記してください。)及びBご連絡先を明記するようにしてください

(2) 破産会社に支払ったお金は戻ってきますか
配当手続が行われずに破産手続が終了いたしましたので、破産会社からお金が支払われることはありません。

(3) エステの利用はできないのに信販会社に対する支払いは残っています
破産管財人は特定の債権者の利益を擁護すべき立場にはありませんので、このようなご相談に応じることができません。信販会社等に対する支払停止措置の可否等については、債権者の皆様が各自の判断で弁護士に相談されるなどしてご対応ください。